大黒屋 登録商標 江戸木箸 Edokibashi

箸は自分専用の道具 おいしいものをより一層おいしくする箸 機能性が第一 喰い先一寸を大切に作り上げる 色々な作りより自分の手に合った使い勝手を選べるのが江戸木箸である。

自分にあった箸とは

自分にあった箸をこだわりをもって選ぶ。まずはそれから

箸は、近くにあって、遠いもの?

毎日手にする箸。

おそらく大抵の方が自分専用の箸をお持ちのはずです。 ところが愛用の逸品と胸をはっていえますか。こだわりの食器、あるいは道具でしょうか。あるから使っていた、たまたまこれ、というくらいのあっさりとした関わりなのではありませんか?

「近くにあって、遠いもの。」

あまりに身近すぎて、うっかり見過ごしている生活道具の代表が、箸かもしれません。

せっかく自分専用の道具であっても、はたして最高の使い心地なのかどうか、使いやすい箸ってどういうものなのか、自分にぴったりの箸とは・・・。

自分にあった箸はあるのか?「大黒屋」社長竹田氏にインタビュー

ずばり、使いやすい箸とはどういう箸なのでしょうか?

「握りやすくて、つまみやすい。」

実に明快な答えです。「飾っておくものではなく、使うもの。機能的であるかどうかが第一。」なるほど、ちょっと思い浮かべただけでも食器としての箸は、はさむ、つまむ、ほぐす、切る、裂く、のせる、剥がす、混ぜる、分ける、押さえる、運ぶ、といった具合に多機能。たった二本でありながら、五本の指以上にはたらきものです。

そうした機能性を生むためには、「喰い先一寸、ピタッと合う。ここが箸の心臓部」とのこと。並べたとき、うっとりするくらい二本が添い、先へ行くに従って細くなっていく形状です。大黒屋の箸造りのこだわりが集約されている部分でもあります。

「箸先へ一直線に傾斜しているので、豆のような小さなものでも簡単につまめますよ」。喰い先の細さゆえ、二本をあまり開かなくても楽にものがつかめ、手が疲れないそうです。また、食べ物を口に運ぶ際、箸が唇に接触する違和感がなくなるといったことも。箸は料理の味わいまで左右するのです。といったウンチクを押さえつつ、「まず、自分に合った箸を使ってほしい」。

重さ、長さ、太さ、握った具合など、こだわって箸を選ぶ使い手の意識が、”箸文化”を深め、ものづくり現場を活性化させることにもなるのでしょう。ちなみに、箸の選び方のひとつの目安は、「手首から中指の先の長さプラス三〜四センチ」ということです。

銘木バランスとんぼ