即日お金を借りるならどこがオススメ?人気のカードローン5選

目次

お金を借りる必要が生じたときに、真っ先に思いつくのがカードローンではないでしょうか。

カードローンは、無担保・無保証人でお金を借りることができるサービスです。

ただし、カードローンの金利は、比較的高めに設定されているので、必ずしも利用者にとって有利な条件となっていません。

一時的に利用することになるのは仕方がありませんが、多重債務者にならないように気をつける必要があるのも事実だと思います。

安全にお金を借りるためにも、しっかりとカードローンの基礎について理解しておいてください。

即日でお金を借りるならおすすめは?

カードローンの特徴は、早ければ当日中にお金を受け取れる点にあります。

申込みをしたその日のうちにお金を借りるためには、当日中に審査が終了し、ローンカードの受取りまでする必要があります

即日で振込キャッシングができる場合もありますが、夕方以降の申込みになるときは、当日中のカード発行を目的に行動するようにしてください。

即日の振込融資でお金を借りるることができる

即日の振込融資でお金を借りるためには、基本的には、14時までに審査が終わっている必要があります

銀行の振込業務は、平日の15時までになっていますので、それに間に合わせる必要があるからです。

また、申込みをするカードローンによっては、銀行の傘下になっているものもあり、同じグループの銀行へなら夕方以降でも即日振込ができるものもあります。

どの銀行に即日振込ができるかは、カードローンごとに異なっていますので、興味のある方は公式サイトで確認しておいてください。

なお、振込融資にかかる振込の手数料は、基本的には、カードローンを提供する金融機関が負担していますので、手数料を気にする必要はありません

自動契約機でカード発行後すぐに借り入れできる

一般的なカードキャシングをする場合は、審査が終了した後に自動契約機でカード発行を受けます。

ローンカードの受取りができれば、あとは、カードを使ってキャシングができるようになります。

注意しなければならないのは、自動契約機には、それぞれ営業時間が決められていることです。

営業時間外になってしまうと、カードの受取りが翌日以降になりますので、融資を急いでいる方は自動契約機の営業時間も確認しておく必要があります。

なお、カードの受取りには、本人であることを証明するために運転免許証が必要になることがあるので、忘れずに持参するようにしましょう

即日でお金借りるおすすめ会社は?

即日でお金を借りることができる金融機関には、次のようなものがあります。

・アコム

アコムは、三菱東京UFJ銀行グループのカードローンです。

30日間の無利息期間もありますし、大手の消費者金融として信頼感があります。

借入れや返済の手段も多く用意されていますので、利便性の高さも特長となっています。

・プロミス

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンスという会社が提供するカードローンです。

三井住友銀行の傘下にあるので、三井住友銀行に預金口座を開設している方なら振込キャッシングもしやすいと思います。

・アイフル

アイフルは、独立系の大手消費者金融になります。

初めてのカードローンの利用の場合に選ばれることも多く、申込みにあたってオペレーターに相談がしやすい点に特徴があります。

・SMBCモビット

SMBCモビットは、三井住友銀行グループの消費者金融です。

SMBCモビットには、WEB完結という申込方法が用意されていて、在籍確認の電話連絡なしで申込む方法が用意されています

・レイクALSA

レイクアルサ(ALSA)は、新生銀行グループのカードローンです。

これまで新生銀行では、レイクというカードローンを提供していましたが、現在では新規の申込みを受付ていません。

レイクアルサ(ALSA)は、選べる2つの無利息がある点に特徴があります

消費者金融が初心者におすすめな理由

消費者金融は、カードローンの初心者にとって利用しやすいサービスとなっています。

消費者金融からの借入れをおすすめするつもりはありませんが、しっかりとした返済計画があり、短期間の利用なら安全に利用できます

ここでは、消費者金融のカードローンの特徴について紹介していますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

初心者でも申込みから融資までわかりやすい

消費者金融の審査の手続きは、申込みから融資までがスムーズで、手順も分かりやすくなっています。

まず始めに申込手続を完了させると、一次審査が行われます。

一次審査に通過すると、在籍確認と信用情報機関のデータベースを基にした2次審査が行われます。

審査の終了後、ローンカードを自動契約機で受け取れば、そのタイミングでお金の借入れができるようになります。

なお、大手の消費者金融のローンカードは、コンビニに設置されているATMと提携していますので、近くのコンビニに行けばお金が受け取れるようになっています。

申込みから融資までのスピードが圧倒的に早い

消費者金融のカードローンは、審査が非常にスピーディーであることが特徴です。

消費者金融によっては、申込みの完了から最短30分で審査が終了することもあり、早ければ申込みから1時間以内にお金を受け取れることもあります

ただし、審査のスピードが早いからといって、いい加減な審査を行っているわけではありません。

消費者金融の審査は、とても厳格な手続きになりますので、油断をしてはいけません。

ローンカードの受取りまでは、すべてが審査だと思って、誠実に対応するようにしてください。

「30日間は無利息」などサービスが充実している

大手の消費者金融では、30日間無利息などの無利息サービスが用意されていることが多くなります。

例えば、年率18.0%で10万円を借入れして、30日分の利息が0円になったとすると、10万円×0.18×30÷365=1,479円もお得になります。

ごく短期間での消費者金融の利用なら、ほとんど利息の支払いがなくなることもあるので非常にお得感があります。

ただし、利息が0円だからといって借入れした元本の返済をしなくて良いわけではありません

しっかりと返済シミュレーションで返済計画を立てて、自分が立てた計画どおりの返済を実行していくようにしましょう。

銀行カードローンはお金を借りにくくなった!?

銀行カードローンは、総量規制の対象外となっています。

一時期、総量規制対象外であることを利用して、過剰な貸付けをしていたことが社会問題となりました。

多数の多重債務者を生み出してしまった反省から、現在では、審査基準を厳しくして確実に返済できる人だけを対象にサービスを提供しています。

お金を借りにくくなったかと言えば、そうかもしれませんが、安全に利用できるようになったとも捉えられます。

消費者金融と比べると融資の基準が高くなっているのは確かですので、自分がどちらを選ぶべきかを考えてみてはいかがでしょうか。

どっちがいい?消費者金融と銀行のカードローンの違いがわからない!

銀行と消費者金融のカードローンの違いは、貸金業法の規制を受けるかどうかにあります。

消費者金融やクレジットカード会社は、法律上は貸金業者という位置付けになり、貸金業法の規制を受けています。

銀行は、銀行独自の基準と銀行法の制限を受けていますので、サービスに若干の違いがあります。

ここでは銀行と消費者金融の違いを分かりやすく説明していますので、理解しておくようにしましょう。

即日融資でお金を借りたいなら消費者金融

即日融資でお金を受取りたい場合は、銀行よりも消費者金融のカードローンの方が実現しやすくなります。

銀行カードローンでも迅速な審査ができる場合もありますが、時間がかかる銀行では、1週間~2週間程度の期間を要することもあります

これに対して、消費者金融のカードローンは、長くても審査にかかる時間は1時間程度です。

審査が混雑していることがあるのを除けば、非常に迅速にお金が受け取れる点に大きな特徴があります。

ただし、早くお金が受け取れるという理由だけで消費者金融大手のはおすすめはありません。

毎月の返済や金利などもしっかりと調べ、無理のない借入れをするようにしましょう。

銀行と消費者金融カードローンの金利は?

一般に銀行と消費者金融のカードローンを比較すると、消費者金融の方が高金利となっていることが多くなります。

銀行カードローンは、最高で年率14%~15%程度であることが多いですが、消費者金融は年率18.0%近くであることが多くなります。

例えば、年率14.6%と年率18.0%で10万円を30日間借入れした場合の利息は、

10万円×0.146×30÷365=1,200円

10万円×0.180×30÷365=1,479円

と計算できます。わずかな違いのように感じるかもしれませんが、返済期間が長期間に及ぶと、負担が大きく異なってきます。

WEB完結でお金を借りれるのは消費者金融

プロミスやモビットなどの消費者金融では、WEB完結による申込み方法が提供されています。

WEB完結というのは、申込みから借入れまでのすべての手続きをWEB上で完結させる方法のことです。

分かりやすく言うなら、お金を借りるのに自宅から一歩も外出せずに済むということです。

お金の受け取りは銀行振込で自分の銀行口座に振込んでもらえますので、それを引き出せば、お金を受け取れるという仕組みになっています

WEB完結は非常に便利な申込み方法ですが、申込みできるための条件があります。

消費者金融のホームページで条件を確認し、申込みができるときに検討してください。

ATM手数料は消費者金融と銀行どっちがお得?

消費者金融では、提携ATMを利用する場合に一定の手数料が発生します。

1万円以下の取引きをした場合は108円、1万円超の借入れや返済をすると216円の手数料が取引のために発生します

これに対して、銀行の場合は、銀行ごとの基準で決められていますが、ATMの手数料無料で取引できるところが多くなります。

消費者金融で提携ATMの利用に手数料が発生するのは、貸金業法による規制によるものです

取引のたびに手数料が発生すれば、利用者は、その負担の大きさを実感して借入れのしすぎに気をつけるようになるからです。

お金を借りることができない人って?

金融機関からお金を借りるない人には、いくつかの特徴があります。

未成年者や無職の方、必要書類の用意ができない方は、融資を受けるのが困難です。

専業主婦に関しては、借入れできる場合もありますが、高額融資は非常に難しいと考えてください。

借入れできないタイプや理由について紹介しますので、確認してみてください。

未成年やバイトしてない学生はNG

未成年の方は、お金を借りることは非常に困難になります。

日本の法律では、未成年者の方が法律行為(契約など)をした場合、「契約をした後でも取り消すことができる」という制度にして未成年者を不利益から守っています。

金融機関の立場からすると、未成年者にお金を貸した後に「契約を取り消します」と言われると非常に困ります

貸したお金についても、残っている範囲で返済すれば良いことになっているので、安易に未成年者に融資をしてしまうとサービスそのものが成り立たなくなってしまいます。

また、アルバイトをしていない学生についても、無職と同じ扱いになり、融資をしていないことがほとんどになります。

無職だとお金は借りられない!

無職の方がお金を借りるのは、非常に困難です。

仮に借入れできたとしても、毎月の返済をどうするのかが問題となります。

まずは仕事をするようにして、収入が安定してきてから借入れについて検討してみてください。

なお、専業主婦への融資をしているカードローンもありますが、10万円~30万円程度に限度額が制限されていることが多くなります

お金借りるのに必要なもの

お金を借りるのに必要なのは、返済する能力と信用の2つです。

毎月の返済を続けられる力がなければ、いずれ破綻してしまいますし、返済能力があったとしてもいい加減な人にはお金を貸せません。

ごくあたりまえのことですが、カードローンの審査では、返済能力と信用の2つについて調べています。

なお、返済能力と信用のどちらが重視されるかというと、信用が重視されていると思われます。

お金を借りられるか心配なら「借入れ診断」

消費者金融などの公式サイトには、「借入れ診断」というサービスが用意されています。

借入れ診断は、簡易審査と呼ばれることもありますが、本審査と比べて少ない項目で「借入れできるかどうかの見込み」を確認するためにあります。

借入れ診断の結果は、あくまでも参考程度にしかなりませんが、申込みをする前の不安解消には役立ちます。

融資の可能性がある場合には、「融資できる可能性があります」と表示されるので、それを参考にして申込みを決めてみても良いと思います。

お金を借りるときの不安材料を解決!

金融機関からお金を借りるときに、いくつかの不安があると思います。

家族や会社にバレるのではないかとか、返済ができなくなったときのことです。

不安を抱えたまま申込みをするのは、場合によっては、非常に危険を伴うこともあります。

しっかりと不安を解消して、カードローンの仕組みについて理解してから、申込みを考えるようにしてください。

家族や会社に内緒でお金を借りたい

大手の消費者金融などでは、申込者のプライバシーについてしっかりと配慮されています。

自宅への郵送物が届かないように設定できたり、お勤め先の同僚に借入れしたことが分からないようにしてくれます

ただし、プライバシー面で配慮されているとはいえ、毎月の返済を延滞してしまうと、家族や職場にバレることがあります。

いつまでも返済を送れたままにしていれば、自宅に督促状が届くこともありますし、勤務先に連絡が入ることもないわけではありません。

誰にも知られずに借りたいなら、きちんと返済できるだけの借入れにとどめ、毎月の返済をきっちりとするようにしてください

支払い遅れや返済ができない状況になったらどうなるの?

カードローンでお金を借りて返済ができなくなった時は、契約上は、借入残高のすべてについて一括請求ができるようになっています

金額にもよりますが、延滞が長く続くようであれば、裁判所の手続きで強制的に支払いが求められることもあります。

仮に債務整理の手続きで借金の減免を受けたとしても、その後5年から10年は、金融機関との取引ができなくなります。

カードローンでお金を借りることに意識が向きがちですが、約束どおりに返済できるかという点をしっかりと考えるようにしてください。

カードローン以外でお金を借りる方法は?

お金を借りるのにカードローンにこだわる必要はありません。

カードローン以外の手段でお金を用意できれば、条件も有利になることが多くなります。

カードローン以外の借入れ手段についてまとめてますので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

国や役所でお金を借りる

国や役所に相談して、お金を借りられる場合があります。

担保や保証人が必要になることもありますが、非常に有利な条件で貸付している点に特徴があります。

日本政策金融公庫でお金を借りる

日本政策金融公庫は、国による貸付制度を実施するための金融機関です。

個人事業主や会社経営者の方なら、利用できる融資制度が多くあります

例えば、「担保を不要とする融資制度」なら、税務申告を2期以上していれば、貸付の対象となれますし、最高で4800万円までの貸付が受けられます。

生活福祉資金などでお金を借りる

生活福祉資金は、正確には「生活福祉資金貸付制度」のことです。

この制度は、所得が低い人や高齢者、あるいは障害をもっている方の生活を支えることを目的としています

市区町村の社会福祉協議会が窓口となっていますので、興味のある方は、説明を聞きに行ってみると良いでしょう。

クレカのキャッシング枠でお金を借りる

クレジットカードを保有している方は、キャッシング枠が設定されていないか確認してみてください。

キャッシング枠が設定されていれば、新たに審査を受けることなく借入れできます。

ただし、クレジットカードによっては、返済がリボ払いだけということもあります。

金利は負担が大きくなることもあるので、仕組みをしっかりと理解してから借りるようにしましょう

生命保険の契約者貸付でお金を借りる

生命保険の契約者貸付制度は、保険契約がある方を対象にする融資制度です。

生命保険を解約して解約返戻金を受け取ることもできますが、生命保険の保証が受けられなくなります。

このデメリットを避けるため、契約を残した状態で借入れをするのが、この制度の目的です。

ゆうちょ銀行(郵便局)でお金借りる

ゆうちょ銀行は、お金を預けるだけでなく、融資も行っています。

銀行のキャッシュカードでお金を借りることができたり、「したく」や「夢舞台」「夢航路」といった商品も用意されています

融資制度のラインナップも豊富にあるので、興味のある方はゆうちょ銀行のサイトも確認してみてください。

勤務先でお金を借りる

勤務先でお金を借りることができれば、それが最も簡単で安全な借入れ手段です。

勤務先によって借入れできない場合もありますが、できるかどうかを最初に調べてみてください。

・給料の前借りでしのぐ

給料の前借りができるなら、勤務先の社長に頼んでみてはいかがでしょうか。

多少、嫌な顔をされることもありますが、一度だけなら大きな問題にはなりません。

金利もつかないことがほとんどなので、無利子でお金を用意できます。

・従業員貸付制度でお金借りる

会社の福祉制度で従業員貸付制度がある場合は、それが利用できないかどうかを調べることもできます。

制度は、会社が従業員に対して、比較的有利な条件でお金を貸す制度のことです。

多少の金利が発生することもありますが、銀行よりも有利な条件となっていることが多いはずです。

質屋でお金を借りる

質に入れるものがあれば、質屋でお金を借りることができます。

お金を借りる条件は、あまり良くありませんが即日でお金を受け取れるのがメリットになります。

また、時間に余裕がある場合は、インターネットのオークションで私物を売却することもできます。

質屋にもっていくよりも高額になることが多いので、より多くのお金を受け取ることができます。

親・親戚・友人にお金を借りる

借りることができるなら親や親戚、友人からお金を借りるのがおすすめです

人間関係を悪くしないために、約束どおりの返済を確実にする必要がありますが、無金利で課してくれることがほとんどです。

とくに親に頼むことができるなら、親を頼ってみてはいかがでしょうか。

お金を借りることを通して、親のありがたみや人を頼ることの大切さも学べます。

ただし、親からお金を借りる場合でも、甘えることなく約束どおりに返済するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする