お金を借りるのがバレない!?絶対気をつけたい油断しがちな7つのポイント

お金を借りたいけど、借りたこと誰にも知られたくないという悩みは、誰にでもあると思います。

一般的なカードローンの申込みなら、基本的には、家族や職場の人にバレることはありませんが、利用中にバレてしまうケースがあるのは事実です。

誰にも知られずに借入れして返済するには、無理のある借入れをしないことが基本となっています。

返済できずに請求書が自宅に郵送されてしまったり、職場に電話がかかってしまうと、どうしても内緒(秘密)にできなくなってしまいます。

逆に、延滞などに気をつけておけば、最後まで誰にもバレずに完済できます。

お金を借りたときにバレないための7つのポイントについて紹介しますので、しっかりと確認しておいてください。

家族にバレずにお金を借りるための申込時の注意点

家族にバレずにお金を借りるためには、申込みをするときにも気をつけるべきポイントがあります。

家族にバレてしまうと、そのことで夫婦げんかになったり、最悪の場合、離婚なんてことにもなってしまいます。

家族にバレないためのポイントは2つありますので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

連絡先は自分の携帯番号を入力する

カードローンの申込みをする際の連絡先は、必ず自分の携帯電話の番号を伝えるようにしてください。

間違えて自宅の固定電話の番号を伝えてしまうと、審査結果の連絡などで自宅に電話がかかってしまいます。

ここで、自宅の固定電話を登録した方が審査に通りやすいと思うかもしれませんが、その心配は必要ありません。

今どき固定電話を契約している人は少ないので、携帯電話だけでカードローンの契約している方がほとんどだからです。

ローンカードを発行するなら自動契約機か店舗窓口で受け取る

カードローンは、ローンカードを使った融資の仕組みです。

消費者金融や銀行からローンカードの発行を受けますが、受取り方法を郵送にしてしまうと家族に内緒にできなくなります。

カードの受取りは、自動契約機か店舗の窓口で受取るようにします。

自分からローンカードを受取りに行けば、カードが自宅に郵送されてバレてしまうリスクはなくなります。

また、自分からカードを受取りに行けば、最短即日でお金を借りれるようになります。

家族にバレないために必ず気をつけたい7つのポイント

お金を借りたことを家族にバレないためには、次の7つのポイントを理解しておく必要があります。

家族にバレたからといってどうなるものではありませんが、お金を借りたことがバレれば、やはり心配をかけてしまいます。

そうならないためにも、ここで家族にバレないためのポイントをしっかりと押さえておくようにしましょう。

郵送物には要注意

家族にばれるきっかけとなるのは、郵送物であることが多くなります。

消費者金融や銀行から郵送物が送られてくれば、家族に「なんの書類?」と聞かれるのは当然のことです。

ウソをついてごまかしても言い逃れができなくなりますので、気をつけるようにしてください。

・カードローンの利用明細書

自宅にカードローンの利用明細書が郵送されることがあります。

消費者金融のカードローンでは、貸金業法の規定により必ず明細を通知しなければならない決りがあります。

カードローンの申込みが完了したら、会員サイトにログインして利用明細書の受取りを電子メールでするように変更しておけば大丈夫です

・ローンカード・契約書の郵送

カードローンの申込みの際にローンカードや契約書を郵送で受け取ってしまうと、それをきっかけに家族にバレてしまいます。

ローンカードの受取りと契約手続きは、自動契約機などでするようにして自宅への郵送物をなくすようにしましょう。

・督促状などの郵送物

カードローンを利用していることがバレるのは、ほとんどが延滞をしたときです。

なんの連絡もせずに延滞をしてしまうと、自宅に督促状などが郵送されてしまいます。

督促状などで家族にバレないようにするには、無理のある借入をしないことです。

返済できないほどの借金をしてしまうと、家族にバレるだけなく、自己破産のリスクも高くなるので注意しましょう。

財布の中のローンカードも注意!

カードローンは、ローンカードを利用して借入れや返済をしますが、カードが家族に見つかれば、当然借入れしていることがバレます。

カードが見つかって家族にバレないようにするには、カードの管理方法をしっかりと考えておくことです。

無防備に財布に入れっ放しにしておいたりすると危険なので、普段は、どこか分からないようなところに隠しておくのがおすすめです

カードを取り出すのは、毎月の返済の時だけにしておきましょう。

カードローン専用の口座を作って共有NG

カードローンは、ローンカードの発行をしないで利用できるタイプのサービスもあります。

この場合は、カードローン専用の口座を作ってもらい、そこに借入れするお金を振込んでもらう借入れのしかたです。

この際、カードローン専用の口座を家族で共有してしまうと、借入れしてることが家族にバレてしまいます。

カードローン専用の口座のことは、家族に話さないようにして、内緒にしておくのがおすすめです

なお、カードローン専用口座のカードも家族に見られないように気をつけましょう。

パソコンの利用履歴も注意が必要

パソコンでカードローンの申込みをしたり、会員専用サイトにログインしたりする場合は、パソコンのブラウザの閲覧履歴にも気をつける必要があります。

会員専用サイトにログインしたままの状態でパソコンを放置しておけば、家族の誰かがそれを見てしまう可能性があります。

家族にバレるのが嫌なら、しっかりとブラウザを閉じる習慣をつけて、閲覧履歴もきれいに削除しておくようにしましょう。

また、会員専用サイトにログインする際は、プライベートモードでログインすれば、より家族にバレにくくなります。

なるべく借り入れ・返済は提携ATMで行う

カードローンでお金を借りたり返済をしたりするときは、なるべく提携ATMを使うようにしてください。

消費者金融のATMを利用してしまうと、誰かに見られてしまう危険性があるからです。

家族に見られなかったとしても、共通の友人や知り合いに見られてしまうと、家族にそのことを話されてしまうかもしれません。

コンビニATMなどの利用なら、誰かに見られたとしてもお金を返済しているとは分かりません。

ローンカードの受取り以外は、消費者金融の施設に近づかないほうが良いでしょう。

絶対に滞納しない

ローンの返済を滞納してしまうと、必ず請求を受けます。

最初は自分の携帯電話にかかってくると思いますが、いつまでも電話に出ないでいると自宅に請求書を送りつけられます。

消費者金融の名前で請求書が郵送されてしまうと、勘の鈍い家族でもお金を借りていることに気が付きます。

返済しきれないほどの借金をするのは、非常に危険でもあります。

確実に返済できる金額までしか、借りないようにしてください。

無人契約機での人目にも気をつける

カードローンの申込みでは、ローンカードの受取りの手続きが必要になります。

カードの受取り方法は、自宅への郵送か無人契約機での発行のどちらかになります。

もし、お金を借りたことを家族に知られたくないときは、自動契約機での発行を選ぶようにしてください

自宅にカードが郵送されてしまうと、カードが使えるまでに時間がかかり、家族にバレる危険性が高くなります。

なお、自動契約機でカードを受け取るときは、周囲に知り合いがいないか十分に注意してください。

勤務先への在籍確認でもバレる?!

カードローンの審査では、お勤め先の情報が正確であることを確認するための在籍確認という手続きが行われています。

在籍確認は、勤務先に電話をかける手続きなので、勤務先の同僚に借入れがバレる心配をしている人がいます。

会社へ掛かってくる電話は避けられない?

在籍確認の電話は、基本的には避けることができない続きです。

お勤め先の情報が正確であるかどうかの確認は、審査で非常に重要になるからです。

ただし、電話連絡以外の方法で勤務先に所属していることが確認できれば、電話連絡以外の方法に変えてもらえる場合があります。

電話連絡をなしにしてほしい場合は、前もって金融機関のオペレーターに電話で相談するようにします。

必ずという保証はありませんが、給与明細書の提出などで電話連絡の代わりにしてもらえる可能性があります

WEB完結申込ならバレずに借りられる?

WEB完結で申し込めるカードローンなら、そもそも在籍確認の電話がない場合があります

WEB完結というのは、申込みからお金の借入れまでのすべての手続きをWEB上で行う申込み方です。

在籍確認の手続きも書類で行いますので、勤務先に電話がかかってバレる心配が一切ありません。

ただし、WEB完結で申込みができるのは、すべての方ではありません。

健康保険証の種類や指定の銀行口座があることなど、いくつかの条件を満たしている必要があるので、金融機関の公式サイトで条件を確認して、申し込めそうならWEB完結で申し込んでみてください。

在籍確認の電話がかかってくるタイミング

在籍確認の電話は、審査の最終段階でかけられます。

申込み時に伝えた審査項目と信用情報機関に登録されている情報を元に、「融資が見込める」と判断された方だけに在籍確認の手続きが行われます。

ここで、在籍確認が行われるならお金が借りられると思うかもしれませんが、在籍確認の手続きの後に審査に落ちることもあります。

また、審査で在籍確認の電話が繋がらないときは、時間をおいて再び電話をかけ直しています。

融資を急いでいる場合は、勤務先に電話がつながりやすい時間帯に申込みをすると、カードローンの審査がスムーズに進みます

在籍確認以外に本人確認の電話にも注意

カードローンの審査では、在籍確認以外に本人確認のための電話もかけられています。

本人確認の電話は、基本的には、自分の携帯電話に電話がかかってきます。

もし、自宅の固定電話だけしか登録していなければ、自宅に電話がかかってしまい、家族にバレてしまう可能性があります。

携帯電話に電話がかかってくる場合でも、近くに家族の誰かがいれば、あやしいと感じるかもしれません。

申込みをするときは、カード発行を受ける最後の手続きまで、家族に見つからないように注意する必要があります。

なお、カードを受け取って自宅に戻るときも、挙動不審にならないように気をつけてください。

バレずにお金を借りるなら配慮が行き届いた大手消費者金融

家族にバレずにお金を借りたいときは、プライバシーに配慮が行き届いている大手の消費者金融を選ぶのがおすすめです

大手の消費者金融なら、家族や職場にバレないための配慮をしてくれるからです。

「自動契約機」または「WEB完結」が必須?!

誰にもバレずにカードローンに申込みたいなら、自動契約機を活用するのがおすすめです。

金融機関の公式サイトから申込みを済ませ、カードの受取りを自動契約機で行えば、自宅にカードが郵送されて家族にバレる心配がなくなります。

また、WEB完結でカードローンに申し込める場合は、WEB完結を選ぶのもおすすめです。

WEB完結で申込みをすると、カードレスでの取引きになりますので、カードを紛失したり、家族に見られたりする心配がなくなります。

ただし、申込みをする際に家族にバレなかったとしても、延滞をしてしまうと元も子もなくなるので気をつけるようにしてください。

利用明細書の受け取り方法も要チェック

消費者金融のカードローンを選ぶ場合は、利用明細書の受取り方法を必ず確認するようにしてください。

利用明細書の受取り方法は、最初の設定で「自宅への郵送」となっていることが非常に多くあります。

会員専用サイトにログインして、明細書の受取り方法を「Webで受取り」に変更すれば、自宅に明細書が届かなくなります

また、自宅にパンフレットなどが郵送されることもあるので、オペレーターに電話をかけて「郵送物を送らないでほしい」と伝えておけば完璧です。

おすすめカードローン

初めての方でも家族にバレずに申し込めるカードローンを紹介します。

・SMBCモビット

SMBCモビットは、三井住友銀行グループのカードローンです。

WEB完結の申込方法が用意されていて、カードレスで利用が可能です。

ただし、WEB完結で申込みをするためには、健康保険証の種類に指定があり、給与明細書の提出なども必要になります。

SMBCモビットでWEB完結の申込みをする場合は、必ず自分が条件を満たしていることを確認しておきましょう。

・アコム

アコムは、大手の消費者金融として有名ですが、プライバシー面での配慮がされているので安心です。

在籍確認の電話をかけるときは、アコムのオペレーターが個人名で名乗ってくれるので、勤務先に借入れしたことがバレる心配はありません

30日間の金利0円キャンペーンというサービスも用意されているので、短期間での利用ならお得感があるカードローンになります。

・アイフル

アイフルは、初めてのカードローンに選ばれることが多いサービスです。

申込者の不安に対して十分な配慮がされているので、安心感が高いからです。

家族や職場の人にバレたくないときは、アイフルのフリーダイヤルに電話をかけて相談できます

在籍確認の電話についても、電話連絡以外の方法を提案してもらえる場合があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする