学生がお金を借るならどこ?親から借りれない!まとまったお金の作り方

学生だと金を借りることができないと思うかもしれませんが、学生かどうかが融資で問題になるわけではありません。

学生でもカードローンでお金を借りているケースはいくらでもあります。

ただし、お金を借りすぎてしまい、カードローンの返済が不能になってしまっては意味がありません。

自分が確実に返済できる金額だけを借りるようにして、できるだけ短期間で返済する計画を立ててください

学生のカードローンについての情報をまとめていますので、しっかりと確認しておきましょう。

学生でもお金は借りる方法ってある?

学生でもお金を借りる方法は、いくつかあります。

最も簡単なのは、親からお金を借りる方法です。

ただし、何らかの事情によって親にお金の相談ができないという場合は、金融機関の融資や国による貸付制度の利用も検討することになります。

また、お金を借りる目的が遊びや贅沢のためだったら、無理をして借金をするのはおすすめできません。

借金は、後になって必ず返済しなければならないものなので、次第に苦しくなってしまうことがあるからです。

生活費や学校の書籍代購入など、やむを得ない事情がある場合に限り、借金をすることを考えてみてください。

奨学金でお金を借りる

学校の教育を目的としたお金を借りるなら、国による奨学金の制度を利用することができます。

奨学金は、非常に低金利でお金を借りることができるので、カードローンなどと比較すると、負担が非常に少なくなります。

ただし、奨学金でお金を借りるためには、いくつかの条件があるのも事実になります。制度についてしっかりと確認して、利用できるかどうかを調べてください。

奨学金制度でお金を借りるには親の許可が必要

奨学金制度でお金を借りるには、親の許可が必要になります。

親の許可が得られないケースは少ないと思いますが、親の許可がなければ融資は受けられません。

また、奨学金には、第一種と第2種など、いくつかの種類があります。

海外留学を目的とした奨学金もありますので、まずは、親に相談して、奨学金の利用について話し合ってみてください。

すぐにお金を借りれる訳ではない

奨学金制度は、申込みをしたら当日中にお金を振込んでもらえるわけではありません

生活費などを目的にお金を借りるようなときは、奨学金制度だと借入れできるまでの時間が問題になることがあります。

一人暮らしで、生活費のやり繰りに困っている場合は、親や友人に借金ができないか相談してみて、それでもダメそうなら金融機関のローンも検討することになります。

ただし、生活費が目的なっている場合は、そもそも収入が少なすぎることが原因です。

お金を借りたあとの返済に困らないためにも、アルバイトを増やすなどの努力もしてください。

奨学金の返済状況は信用情報に影響する?!

奨学金の返済が3ヶ月以上延滞してしまうと、信用情報機関にその事実が登録されてしまいます。

延滞の事実が登録されてしまうと、クレジットカードが利用できなくなってしまったり、新たにローンを組むことが困難になります。

奨学金とはいえ、金融機関のローンと同じ扱いになりますので、奨学金でお金を借りたら必ず契約どおりの返済をするようにしてください

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

クレジットカードにキャシング枠が設定されていれば、それを利用してお金を借りることができます。

レジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類があり、キャッシング枠の限度額までなら、審査を受けずにお金を借りられます

ただし、キャシング枠があるからといって、安易に利用するのは危険ですので、必要最小限の利用にとどめるようにしましょう。

クレジットカード発行後はすぐに借りれる

キャッシング枠が設定されるクレジットカードに申し込めば、クレジットカードを受け取ってからは、すぐにお金を借りられるようになります。

ただし、クレジットカードには、所定の審査を受ける必要があり、通常は、カード発行までに2週間程度の期間を要します

できるだけ早くお金を借りたいという場合は難しいですが、ある程度の余裕があるなら、親に借入れしていることがバレにくいのもメリットになります。

家族カードなら審査に通過しやすい?!

親がクレジットカードを保有していて、家族カードになれるなら、家族カードでお金を借りるのが最も簡単です。

問題があるとすれば、お金を借りるということが親にバレてしまうことです。家族カードなので、クレジットカードの利用履歴を親が把握できる状況にあるからです。

どうしても親に内緒でお金を借りたいというときは、残念ながら家族カード以外の方法を選ぶことになります。

限度額が低めに設定される傾向がある

クレジットカードのキャッシング枠は、比較的低めに設定されることが多くなります

総量規制の影響もありますので、最高でも年収の3分の1までの限度額となります。

限度額が低いことがデメリットのように感じるかもしれませんが、捉えようによっては、無駄遣いをせずにすむという見方もできます。

家計のやり繰りなど、ごく少ない金額の利用を考えている場合は、クレジットカードのキャッシング枠の利用でもいいかもしれません。

カードローンでお金を借りる

お金を借りるというイメージに最も近いのは、カードローンではないでしょうか。

カードローンは、ローン専用のカードを使った融資の仕組みです。

金利が高めに設定されているなど、いくつかの問題はありますが、学生でも申込みをすることは可能です。

ただし、アルバイトをしていて、毎月一定の収入があることが申込条件となっています

即日で借りれる可能性が高い

カードローンを選ぶことのメリットは、融資までが非常にスピーディーだという点にあります。

クレジットカードを作るのに2週間近くかかると説明しましたが、カードローンなら最短即日でお金を受け取ることも可能です。

ただし、申し込んだ当日中にお金を受け取るためには、その日のうちに在籍確認を終わらせる必要があります。

バイト先に電話がつながる状況でなければ、即日融資にならない点に注意しましょう。

はじめての利用なら無利息サービスが使える

カードローンの利用が初めての場合は、無利息サービスが使える場合があります。

無利息サービスというのは、カードローンの利用が初めての方を対象に、一定期間の利息を0円にするというサービスです。

カードローンで借りるお金が少なく、ごく短期間で返済できる場合は、利息を1円も支払わずに完済することも可能です。

無利息サービスには、いくつかの種類がありますので、自分に合った無利息を選ぶことも可能です。

提携ATMで借入や返済がラク

大手の消費者金融を選ぶなら、提携ATMが使えるので、借入れや返済に手間がかかることはありません。

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどに設置されているATMで借入れと返済ができるので、自分の都合に合わせて取引ができます。

ただし、提携ATMによる利便性が高いからといって、返済そのものが楽になるわけではありません。

毎月、返済するためのお金を工面することになるので、しっかりと計画を立てておくことが重要になります。

カードローンでお金を借りた方がいい5つの理由

大手の消費者金融や銀行のカードローンなら、学生でも申込みが可能です。

高額融資を受けることは難しいですが、限度額が10万円程度までなら見込みがあります

融資を受けるまでの時間も短時間で済むことが多くなります。

ここでは、学生にとってメリットになりそのポイントを5つ紹介していますので、利用を検討する判断材料にしてください。

親バレしにくい

お金を借りたことが親にバレると困るという場合は、カードローンが適しているといえます。

親の保証人や同意は必要なく、あくまでも自分の責任で金融機関と契約ができます。

また、自宅への郵送物に気をつければ、家族に借入れがバレる心配も少ないです。

ただし、無理のある借入をしてしまい、毎月の返済が滞るようになると、自宅に督促状などが郵送されてしまいます

あくまでも必要最小限の利用にとどめるようにして、できるだけ早めに完済するようにするのがバレないためのポイントです。

今日中にお金を用意できる可能性がある

カードローンの審査は、非常に迅速に行われていることが多くなります。

とくに、大手の消費者金融の審査は、最短30分~1時間程度で終了していますので、当日中にカードを受取り、カードを使ってお金を受け取ることも不可能ではありません。

ただし、審査が迅速に行われているからといって、適当な判断でお金を貸しているわけではありません。

学生が必ずお金を借りられるという保証もありませんので、結果についてはあまり期待しないようにしましょう。

返済方法が色々ある

カードローンの返済方法は、さまざまな手段が用意されています。

金融機関のATMで返済できるだけでなく、提携ATMが利用できたり、口座振替も可能です

毎月、銀行に行って振込の手続きをする必要は、基本的にはありません。

近くのコンビニに行けば、そこで返済できるというのがカードローンの利便性の高さです。

コンビニでの返済なら、夜間や早朝に手続きすることもできるので、時間の制限がないのもメリットになります。

返済手数料がかからない方法もある

消費者金融のカードローンでは、提携ATMを利用したときに一定の手数料が発生します。

1万円以下の返済なら108円、1万円を超えると216円の手数料になります。

ただし、消費者金融のATMで返済をすれば、1円も手数料がかかりません

返済方法を口座振替にした場合も引き落としに手数料がかかることはありません。

また、コンビニATMで返済をする場合は、手数料がかかってしまうので、できるだけ短期間で返済が終わるように計画するのがポイントです。

お金は自由に使える

一般的な銀行のローンは、お金を使う目的が限定されています。

しかし、銀行や消費者金融のカードローンでは、借りたお金の使いみちは、基本的には自由に決められます。

個人事業主が事業を目的に使うことはできませんが、それ以外の目的ならなにに使っても構いません。

ただし、お金を自由に使えるからといって、無駄遣いをするのは危険です

お金を全額返済するまでは、利息が発生し続けるので、やむを得ない場合に限り、お金を借りるようにしてください。

おすすめのカードローンは?

学生にとっておすすめのカードローンは、大手の消費者金融や銀行のカードローンです。

中小の消費者金融にあるような危険性がなく、しっかりと返済能力について審査をしてくれるからです。

とくに、短期間の利用を考えている学生は、無利息期間がある消費者金融を選んでみてはいかがでしょうか

1ヶ月以内に返済できれば、利息の負担を限りなくゼロに近づけられます。

学生専用ローンで借りるのはダメ?

学生専用ローンというのは、いわゆる中小の消費者金融が提供しているサービスです。

カードローンとは異なり、ローン専用のカードが発行されないことが多くなります。

一般的なカードローンよりも利便性が低いので、必ずしも「学生専用」となっていてもおすすめできるわけではありません。

学生専用ローンの方が金利が安いけど・・・

学生専用ローンの中には、一般的な消費者金融よりも低金利でサービスが提供されていることがあります。

大手の消費者金融は、最高で年率18.0%近くに設定されていますが、学生専用ローンは年率15%程度というものもあります。

低金利である方がお得なのは間違いありませんが、返済方法が銀行振込だけだったりすると、銀行の振込手数料が高くついてしまいます

専用ローンと消費者金融でどちらがお得かは、総合的に判断して決めるようにしましょう。

大手消費者金融の金利はどれくらい?

学生が大手の消費者金融からお金を借りる場合は、概ね年率18.0%くらいに設定されると思います

年率18.0%の金利は、ローンの中では高めの設定です。

例えば、年率18%の金利で10万円を借入れした場合、30日間で発生する利息は「10万円×0.180×30÷365=1,479円」と計算されます。

仮に、1ヶ月後に5,000円の返済をすると、元本は3,521円しか減りません。

約定返済額が少なめに設定されていたとしても、返済計画を立てて自分のペースで返済をするようにしてください

金利と利便性で天秤にかける

学生ローンとカードローンで迷ったら、金利と利便性で天秤にかけて検討するのがおすすめです

とくに確認しておかなければならないのは、繰上返済や一括返済ができるかどうかという点です。

学生ローンの中には、繰上返済や一括返済ができなかったり、できたとしても手数料が発生してしまうタイプのものもあります。

さらに、コンビニATMと提携していませんので、毎月の返済を銀行振込ですることになります。

夜間しか振込の手続きができないと、手数料の負担が大きくなるので注意しましょう。

未成年者だとお金を借りられない理由って?

未成年者の学生がお金を借りられないのは、民法で未成年者が保護されているからです

未成年者が契約をしたとしても、後になってから契約を取り消すことができます。

お金を貸す金融機関からすると、契約後に契約を取り消されてしまうと、非常に困るので未成年者には融資をしないという方針をとっていることが多くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする