銀行でお金を借りる審査は厳しい?保証人は要らない?借りやすいカードローンを解説

銀行のカードローンでお金を借りる場合は、基本的には、保証人は必要ありません。

銀行のローンは、保証人が必要である商品がほとんどですが、カードローンに限っては担保も保証人も用意する必要はありません

ただし、担保や保証人が必要ないからといって、簡単にお金を借りれるわけではありません。

しっかりと厳格な審査が行われていますので、銀行カードローンの特徴について理解しておく必要があります。

銀行でお金を借りる種類ってどんなのがある?

銀行のローンには、さまざまな種類があります。

カードローンやフリーローンだけでなく、その他の種類のローンも用意されています。

ここでは、銀行にどんなローンがあるのかをまとめていますので、しっかりと確認しておきましょう。

住宅ローン

銀行の住宅ローンは、家を建てたり、リフォームをするためのローンです。

カードローンと比較すると、非常に低金利でお金を借りることができますが、一方で、返済期間が非常に長くなるという特徴があります

住宅ローンの審査は、非常に厳格で厳しいものになりますので、審査に通らないということも多くなります。

教育ローン

銀行の教育ローンは、子どもの学校の入学資金や留学に必要なお金を借りるためのローンです

教育ローンは、国による融資制度で借りることもできますが、銀行のローンをあえて選ぶという人もいます。

マイカーローン

マイカーローンというのは、自動車を購入するときにお金を借りるローンです。

マイカーローンは、信販会社が提供するものもありますが、一般に銀行のマイカーローンの方が低金利となっています

銀行のマイカーローンを利用するためには、収入証明書類や納税証明書などを提出して審査を受ける必要があります。

ブライダルローン

銀行のブライダルローンは、結婚式をあげるための費用を借りる目的のローンです。

結婚式のご祝儀で一括返済をすることもありますが、長期的に返済していく場合もあります。

ブライダルローンについても、一定の審査が行われていますので、絶対に銀行から借り入れできるという保証はありません。

カードローン・フリーローン

銀行のカードローンは、担保や保証人がなく、お金の使いみちが自由になっているローンです

カードごとに借入れできる上限額が決められていて、限度額の範囲内でなんどでも借入れと返済ができます。

これに対して、フリーローンというのは、お金の使いみちが自由になっているローンですが、1回ごとに契約をして完済していくタイプのローンです。

なんどでも借入れできるカードローンよりも自由度が低いですが、多重債務者になるリスクは少なくなります。

事業ローン

銀行の事業ローンは、個人事業主と会社経営者に対する、事業を目的としたローンです

事業ローンでお金を借りるためには、直近の決算書類などの多くの書類を必要とします。

審査も時間がかかることがあり、連帯保証人を用意するように言われることもあります。

消費者金融の事業者ローンよりも低金利ですが、厳格な審査を受けなければなりません。

銀行でお金を借りるなら「保証人」についての理解が必要

銀行でお金を借りる場合は、保証人を用意することが多くなります

借金の保証人についての十分な理解がなければ、保証人に多大なる迷惑をかけてしまうこともあります。

借金の保証人の基礎について紹介しますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

保証人と連帯保証人の違い

保証人と連帯保証人では、法律上の責任がまるで違います。

まず、金融機関が保証人に対して支払いを求めた場合、保証人は「まずは、主債務者に請求しろ」と言うことができますが、連帯保証人には、それを言うことができません。

また、主債務者が支払いを拒み、保証人に支払いを求めたときは、「主債務者に財産があるからそれを差押えろ」と言えますが、連帯保証人には、それを言う資格すらありません。

基本的には、連帯保証人は、借金をした人と同じ責任を負います。

金融機関は、連帯保証人の財産を差押えてくることもありますので、安易に連帯保証人になるのは危険だと考えられます

保証人に誰でもなれるわけじゃない

借金の保証人には、返済能力がなければなれません。

人なら誰でもいいというものではなく、「しっかりと借金が返せる人」でなければ保証人になれないということです。

しかし、金融機関が連帯保証人について審査をするときは、「しっかりと返済する能力がある人」でなければ受付ませんので、返済できない借金を背負わされることはありません。

連帯保証人になりたいという人はいないと思いますが、連帯保証人で自己破産にまで至るケースは、非常に稀だと考えられます。

銀行でお金を借りるのに保証人が必要になる場合って?

銀行でお金を借りるときは、多くのケースで連帯保証人が必要になります。

連帯保証人が必要ないケースは、カードローンなどに限られ、それ以外のローンでは、必要になることが多くなります。

住宅ローン・マイカーローンなど融資が高額な場合

住宅ローンやマイカーローンなど、融資する金額が高額になるときは、連帯保証人を立てるように言われることが多くなります

連帯保証人が必要になるのは、高額な融資をして、将来返済不能になった場合に備えるためです。

カードローンのような小額な融資ではありませんので、ローンの審査や連帯保証人の審査は、非常に時間をかけて行われています。

なお、審査をする際は、連帯保証人の個人の信用情報についても照会されますので、他のローンで延滞があると、別の連帯保証人を立てるように言われます

専業主婦がお金を借りる場合

専業主婦がカードローンでお金を借りる場合も、旦那さんが連帯保証人にならないといけない場合があります。

連帯保証人なしで専業主婦に融資をするカードローンもありますが、融資を受けられた場合でも限度額は非常に少なくなります。

専業主婦がお金を借りるのが難しいのは、本人名義の収入がないからです。

結婚をして旦那さんに収入があったとしても、契約をしているのは、専業主婦になるからです。

旦那さんを連帯保証人にすれば、いざとなったときに旦那さんの給料を差押えたりして、融資したお金を回収できると考えています

カードローンなら銀行から保証人なしでもOK!

カードローンなら銀行のサービスでも、連帯保証人なしで利用できることがほとんどです

連帯保証人を頼めるなら、その人からお金を借りた方が早いです。

高額な融資を希望しているのでなければ、連帯保証人なしのカードローンを選ぶのがおすすめです。

銀行カードローンでお金を借りる審査基準

銀行カードローンに申込む場合は、審査でどんな点が重視されているのかを理解しておくことが重要です。

次の4つの点に問題がなければ、融資が受けられやすいと考えられます。

・安定した収入がある

安定した収入があるというのは、サラリーマンの給料のような一定の収入があるということです。

アルバイトやパートでも構いませんが、毎月、同じくらいの金額を稼いでいることが必要です。

個人事業主のような不安定な仕事の場合は、融資が受けられたとしても少ない限度額に決まることが多くなります。

・未成年ではない

未成年者は、銀行カードローンの申込みができません

お仕事をしていたとしても成人になるまでは、ローンが組めないと思ってください。

・借入目的

お金を借りる目的は、事業性資金でないことが条件となります

事業を目的とした資金に使うと規約違反となり、借入残高の一括請求を受ける可能性があります。

事業を目的にお金を借りたいときは、事業者向けのカードローンを選んでください。

・クレヒスに問題がない

信用情報機関の登録情報に問題があると、審査に落ちることが多くなります。

別会社のローンで延滞ばかりしていると、高い確率で審査に落ちます。

急ぎの融資を受けたいなら口座開設不要カードローン

カードローンには、口座開設が必要なタイプと不要なタイプの2種類があります。

口座開設が必要なカードローンは、一般に申込完了から融資を受けるまでに2週間程度の期間を要します。

逆に、口座開設不要のカードローンなら、最短即日で融資が受けられます

口座開設が必要なカードローンは、すでに口座をもっている場合に限り、申込みを検討するのがいいでしょう。

なお、口座開設が不要なタイプは、ローンカードが発行されることが多くなります。

カードを紛失してしまうと大変な事になるので、カードの管理をきっちりとするようにしてください。

銀行カードローンも実は金利が高い?!

銀行カードローンは低金利であることもありますが、消費者金融と同程度のサービスもあります。

銀行だから低金利という思い込みだけで申し込んでしまうと、不利な条件での借入れとなってしまうので注意が必要です。

金利ってどのくらい?目的と金利の関係

銀行カードローンの金利は、銀行ことにより大きく異なっています。

10%未満で融資が受けられる銀行もあれば、15%近くになっているものもあります。

一般に目的が定められたローンは、金利が低く設定されます。

なにに使われるか分からないカードローンのような商品は、高金利であることがほとんどです。

目的がないローンの金利が高いのは、生活費に使われることが多いからです。

生活費のお金を借りるということは、家計が破綻しかけていることを意味するので、融資をするリスクが大きくなるから高金利にせざるを得ないということです。

カードローンと他ローンの金利を比較

カードローンとそれ以外のローンの金利は、実に様々だという他ありません。

カードローンにしても、年率10%程度から年率18%近くのものまであります

カードローン以外のローンでは、住宅ローンのように2%程度で借りれるものもあれば、信販会社のオートローンのように7%近い金利設定になっているものもあります。

銀行カードローンとフリーローンの違いは?

フリーローンというのは、目的を定めないローンですが、借入れするたびに契約をするローンです

銀行カードローンは、契約で定めた限度額を上限になんどでも繰り返し借入れできるローンです。

フリーローンもカードローンも比較的に高金利に設定されていることが多くなります。

どちらのローンを選ぶこともできますが、それぞれの返済の仕組みを調べて、自分に合った方を選ぶようにしてください。

銀行でお金を借りるデメリット

銀行でお金を借りるのには、いくつかのデメリットがあります。

銀行からの融資のデメリットも確認して、総合的に借入れするかどうかを判断してください。

消費者金融に比べると審査基準が高い

銀行カードローンの審査は、一般に消費者金融のものと比べると、審査基準が高くなっていると思われます

審査基準は、外部に公表されているものではありませんが、金利が低ければ基準が厳しいと考えるのが常識です。

審査基準が厳しいと返済できなくなるリスクは少なくなりますが、その一方で借入れできない可能性が高くなります。

また、厳格な審査が行われていることで、審査に時間がかかる場合があるというのもデメリットになります。

即日でお金を借りるには銀行口座が必要となる場合が多い

銀行カードローンの多くは、即日融資の条件に「指定の銀行口座があること」をあげています。

銀行口座がなければ即日融資が不可能というのは、消費者金融と比較すると、利便性の面で劣っています。

仮に銀行口座を開設してからカードローンの申込みをするとなると、平日の日中に銀行の窓口に行かなければいけません。

平日の日中に銀行に行ける方ならいいですが、そうでなければ、即日融資が受けられないことになってしまいます。

銀行カードローンの審査に落ちたあとの3つの改善策

銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも難易度が高いので、審査に落ちてしまうことが多くなります。

審査に落ちてしまったら、次の3つの対処法について検討してみてください。

使ってないキャッシング枠は解約する

クレジットカードを保有していて、使用していないキャッシング枠があるときは、キャッシング枠の解約をすれば、審査に通る可能性が高くなります

ただし、融資を急いでいる場合は、解約をせずに、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることも可能です。

いずれにしても使用していないキャッシング枠は、持っていても仕方がありませんので、解約をするか使うかのどちらかにしてみてはいかがでしょうか。

個人信用情報の消える時期を確認

個人信用情報に問題があるのが審査落ちの原因だと思われるときは、自分の信用情報を取り寄せて、内容を確認してみるのがおすすめです。

信用情報が記載されている書類に延滞をした時期や債務整理が行われた時期が記載されていますので、それを元にネガティブな情報が消去される時期が分かります。

延滞などの金融事故の履歴が消える時期が分かれば、そのときにカードローンの申込みをすれば良いだけです

ネガティブな情報がなくなっているうえ、勤続年数も長くなるので審査に通りやすくなると思います。

申込むカードローンを変えてみる

あまり短期間のうちに複数のカードローンに申込むのはおすすめしませんが、別会社のカードローンに申込むこともできます。

銀行カードローン審査に落ちてしまったなら、審査がゆるいと思われる消費者金融を選び、より少ない希望額で申込むことも可能です。

消費者金融の審査に落ちてしまうこともありますが、そのときは、返済の見込みがない借金をしようとしている可能性があります。

無理のある借金は、あとで自分が苦しむだけなので、絶対にしないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする